空と住宅模型

リノベーションで建物をピカピカに|最新の便利アイテムを導入

格安で不動産を入手する

困る男性

情報収集から入札まで

競売物件は格安で入手できるというイメージがあります。しかし競売の流れはなかなか複雑で、素人には手を出しにくいという特徴があります。競売物件の情報は新聞広告にも出ますが、現在ではインターネットで検索するのが一般的な流れです。欲しい物件の情報を集めたら、管轄する裁判所で入札書類一式をもらいます。書類に入札価額を記入したら、期限までに裁判所へ提出します。入札結果は一回で決まり、インターネットでも公表されます。無事落札できたら代金を納付し、登記識別情報通知書を受領します。この間に前の所有者と立ち退き交渉を進めます。交渉が成立しない場合には、強制執行を申し立てる必要があります。以上が競売の大まかな流れになります。

代行サービスの利用も

どうしても生きていく中で、人によっては離婚やリストラなどの場面に遭遇してしまうということもあります。そのような場合、家計にも大きなダメージを受けてしまい、住宅ローンの支払いが滞ることも少なくありません。もし、住宅ローンの支払いが一定の期間滞ってしまうと競売にかけられてしまいます。そして、競売にかけられてしまうと、一般的な不動産売却よりも安値で取引されることになります。なので、競売にかけられることを開けるためにも、信頼のおける不動産会社に相談をして、任意売却が出来るように進めていきましょう。また出来れば、競売の流れや内容を知った上で、任意売却も進めていくといいかもしれません。そうすれば任意売却の場合と、競売になった場合、どちらの方に利益があるのかが分かるからです。