空と住宅模型

リノベーションで建物をピカピカに|最新の便利アイテムを導入

住宅を賢く手放す

住宅

競売を避けたい場合の手段

せっかく手に入れたマイホームでも、時にはやむを得ず手放さなければならなくなることがあります。たとえば経済事情の急な変化により、住宅ローンの返済が困難になった時などがこれに当たります。ローン返済が滞った場合、何もアクションを起こさずにいると債権者が裁判所の許可を得て競売にかけ、強制的に売却されてしまうおそれがあります。そうなると家の所有権を失うばかりでなく、一方的に立ち退きを命じられることになります。こうした事態を避けるには、任意売却という制度を利用するのが得策です。任意売却とは債権者の同意を得て競売以外の任意の手段で不動産を売却することをいいます。最近はこの手続きをサポートする専門業者も登場しています。

専門業者に相談すれば安心

任意売却には2つの大きな特徴があります。1つは競売に比べて高い値段で物件を売るチャンスがあることです。当然、競売よりもローンの残債と相殺できる額が多くなります。もう1つは、売却から立ち退きに至るスケジュールに融通が利くことです。病人や受験生を抱えていたりする場合は非常に助かります。任意売却のサポート業者に依頼すれば、売却に係る一連の事務や交渉等に対するさまざまな支援が受けられます。たとえば札幌のとある業者は、金融機関との交渉を住宅オーナーに代わって完全代行することをモットーとしています。また札幌の別の業者は、札幌周辺で開業している司法書士や不動産鑑定士などのエキスパートと連携してワンストップですべての手続きが行える体制を整えており、札幌市外の相談者からも高い信頼を得ています。